営業時間12:00~23:00

BarBarBar音楽院 045-681-5667

for Students
お知らせ

2018.07.19スタッフブログ

今月お勧めの1枚~”チック・コリア・バンド with ナンシー・ウィルソン ヴェリー・スペシャル・コンサート”

ice_screenshot_20180719-202454

今月は現代ジャズ・シーンを代表するアーティストで構成されたバンドと同じく代表的ジャズ・ヴォーカリストの共演アルバムをご紹介したいと思います。

チック・コリアは、ジャズ・トランペッターを父に持ち、4歳からピアノを習い始め、ジュリアード音楽院に進学。その後1964年頃からブルー・ミッチェルらとの共演でキャリアをスタートさせ、マイルス・デイヴィスのグループへの参加によりジャズ・ピアニストとしての名声を確立。グループ脱退後はややフリー・ジャズ的アプローチを見せていた時期も有りましたが、1971年にベーシストのスタンリー・クラークらとクロス・オーバー/ジャズのバンド リターン・トゥ・フォーエヴァー(Return To Forever)を立ち上げ、アルバムReturn to Foreverを発表。カモメのジャケットで有名なこのアルバムは70年代ジャズ界の最大級のヒット作となりました。その後も、デイブ・ウェックル、ジョン・パティトゥッチら新進気鋭のメンバーと「エレクトリック・バンド」を結成し圧倒的なテクニックと楽曲で話題を集め、89年には同じメンバーで「アコースティック・バンド」と名前を変え、スタンダード曲の収録されたCDを発表する等、幅広い活動を続けています。

ナンシー・ウイルソンは1950年代にビッグバンドのボーカルとして活動を始め、その後キャノンボール・アダレイの誘いでニューヨークに移住後は本格的にレコーディング活動等も開始。以来多数のアルバムをリリースしヒットしたほか数々のテレビ出演でも知られ、NBCテレビで1967-68年に自信がホスト務める番組『The Nancy Wilson Show』を手がけエミー賞を受賞。その後も現在に至るまでジャズ界を代表するヴォーカリストとして幅広く活躍を続けています。

この様に輝かしい経歴を積み重ねて来たチック・コリアとナンシー・ウイルソンですが、唯一の共演を納めたものがこのアルバムです。

当初はDVDでのみの発売で、その後、同音源でCDも発売されましたが残念ながら今は廃盤になり、現在はDVDのみ入手可能の様です。




チック・コリア・バンド with ナンシー・ウィルソン ヴェリー・スペシャル・コンサート


Chick Corea Band with Nancy Wilson


A Very Special Concert 


チック・コリア、スタンリー・クラーク、レニー・ホワイトという「リターン・トゥ・フォーエヴァー」のメンバーにジョー・ヘンダーソンを加えた布陣からなるチック・コリア・バンドが、ヴォーカルにナンシー・ウィルソンを迎えて行なった1982年のスペシャル・コンサートをライブ収録したDVDです。豪華メンバーによるアコースティックの演奏をバックにナンシー・ウィルソンが伸びやかな歌声でスタンダード・ナンバーを披露しています。

このアルバムで収録された曲は、エラ・フィッツジェラルドらの名歌唱でも知られる「 I Get A Kick Out Of You」や「My One and Only Love」「But Not For Me」等ジャズのスタンダード曲や、ビートルズの代表的曲の一つ「Yesterday」等も収録されおり、今当院でジャズ・ヴォーカルのレッスンや、ジャズ・ピアノ、ベース、ドラム、サクソフォンのレッスンを受けられている方や、これから当院でジャズ・ヴォーカルやこれらの楽器のレッスンを受けようと思われている方にも参考にして頂けるのではと思います。
BarBarBar音楽院