営業時間12:00~23:00

BarBarBar音楽院 045-681-5667

for Students
お知らせ

2019.09.06各種レクチャーのご案内

ジャズ・ヴォーカル/器楽演奏に役立つ英語実践講座 

microphone-805256_640

ヴォーカルや、管楽器等の楽器のレッスンを受けている方で、ジャズの曲の英語の歌詞を適確に理解し正確な発音で歌いたい、もしくはお手本CDの英文ライナーノーツをもっとスムーズに読める様になりたいなどと思っている方は多いと思います。

当院ではその様な方のために「ジャズ・ヴォーカル/器楽演奏に役立つ英語実践講座」を下記にて実施することになりました。 講師は、英語等の多言語能力を活かし、通訳や語学指導の活動をする一方、ギタリスト・ヴォーカリストとしての活動もされ、また当音楽院で長年指導をして頂いているニック・ミューリン先生です。

ミューリン先生がこれ迄培って来られたノウハウを基に、毎回ジャズの曲を一曲づつ取り上げ、その曲の中に出てくる 例えば ’TH’や’L'と’R'等、日本人にとっては難しい語句の発音をマスターするポイントや、英語歌詞の理解法の要点等を分かり易く指導して頂け、また実際に歌ってみる中でもポイントを指導して頂ける実践的な講座です。是非多くの方々のご参加をお待ちしています!

1回開講日9月29日 18:00~20:00  

チケット制:レクチャーチケット1枚必要

・レッスン使用曲(第1回) ’Misty'                                               

・講師:ニック・ミューリン先生

 

staff_29

子供時代から俳優として映画、テレビに出演する一方、英語、日本語、ロシア語の多言語能力を活かし、通訳士として国際政治会議から海外のスターの会見の舞台に立つ。また、科学論文から文学の翻訳、英語コピーライターとして、車から日用品の広告のコピーライティングを担当。語学講師としても企業の日本人社員に英語を、外国人社員には日本語を教える他、日本人シンガーの英語指導など幅広く活動。   音楽、特にボサノバとジャズに対する愛情も深く、ライブやレコーディングにも時折参加。最近がライブの他、ボサノバギターの指導も始め、ナレーション、作詞作曲も手がけている。 歌における言葉の重要性をBarBarBar音楽院の生徒さんに伝えたいという想いを持っている。          
BarBarBar音楽院